Home BBS First Camp Camp Goods Field Report Spa Cooking Link
朱鞠内湖畔キャンプ場
 [道北] 幌加内町字朱鞠内湖畔

問 合 先 幌加内町観光協会(01653-5-2380)
現地管理棟(01653-8-2101)
予   約 なし
開設期間 5月1日〜10月31日
イン/アウト なし
利用料金 大人@500円 小学生@250
荷物搬入 一部クルマ進入可

サ イ ト 傾斜地にあるテント床(土) ほか
場内施設 水洗トイレ、炊事棟、売店、自販機
シャワー、ランドリー
利 用 日 2005/8/7〜9
おすすめ度 ★★★★
ひとことで言うと 湖畔を臨むロケーションは最高!




レポート
 以前から一度利用してみたかった朱鞠内湖畔キャンプ場を、今年の夏キャンプの2ヶ所目に選びました。1ヶ所目のふうれん望湖台自然公園を出発、名寄市で買い出しをしてから入りました。
 受付の管理棟から湖畔に突き出した半島ごと順に、第1サイトから第3サイトとなっています。第1サイトは芝の平坦な広場でクルマは横付けすることが出来ません。この第1サイトのすぐ横に、観光船や貸しボートの乗り場があり、湖畔の中心地区となっています。第2、第3サイトは湖畔の林間サイトで、クルマを横付けすることが出来ます。第3サイトの先端がとってもロケーションがよかったのですが、トイレと炊事棟がかなり上の方で距離があったのであえなく断念。結局第2サイトの先端の方ににテントを設営しました。この日も暖かく、木陰の林間サイトで、とっても気持ちよく過ごすことが出来ました。
 夕方から下の子のお腹に赤い発疹が出て調子が悪そうです。とりあえず、今からだとどうしようもないので、その夜は様子を見ることにします。翌日、発疹は広がっているようだったので、朝食を食べてすぐに士別の総合病院に行ってみました。診察の結果はそう大事はないようです(;_;)\(^^ ) 大きな病院だったので、お昼までかかってしまいました。昼食は名物の幌加内そばをいただくことにします。キャンプ場受付時に「入浴割引券」のもらった道の駅「せいわ温泉ルオント」で10割そばをいただきました。とっても美味しくいただいた??と思います。温泉にも入り、しばし休息\(~o~)/
 午後から朱鞠内湖に戻り湖を1周してみることにします。宇津内湖あたりから悪路が続き、時間がかかりましたが、なんとか1週!森の匂いを十分堪能してみました。途中、川に降りることが出来たので、ちょっと釣りしてみましたが、そこではウグイしか釣れなかった(・_・、)です。「子どももいたし・・・」と自分に言い訳して、気を取り直すことにします。
 3日目、ゆっくり目の朝食を取ったあと、夏キャンプの最終地へと向かいました。

 朱鞠内湖は釣りで有名なところですが、遊漁料がかかります。また、カヌーもOKですが、キャンプ場から見る限り、釣りをしている方も持ち込みカヌーを浮かべている方もいませんでした。そしてこちらも『ごみは持ち帰り』です。




管理棟 炊事棟&炉 野外炉
 この観光案内所がキャンプ場の管理事務所となっています。第1サイトの上の方に位置しています。




 第2サイトの炊事棟&野外炉です。流し台はとても使いやすく、また、本格的な調理も出来る野外炉が備わっています。



 炉で火を熾し、お湯を沸かしてもらいました。美味しいコーヒーをいただきました。




水洗トイレ シャワー&ランドリー マイサイト
 第2サイト側の水洗トイレです。新しくはありませんが、きちんと整備されています。




シャワーとコインランドリーは24時間営業で、管理棟のちょうど向かいにあります。




 わが家のサイト。第2サイトの先端。なかなかのロケーションでした。





湖 畔 道の駅「せいわ温泉ルオント」 そばの里
 朝の霞 湖畔いっぱいに立ちこめていました。




 朱鞠内湖からは25キロくらいあります。こちらの温泉で汗を流しました。




 ルオントの中にあるおそば屋さん。
10割りそばをいただいてみました。限定○食だそうです。 山わさびと塩だけでいただいてみました。


そば畑 川遊び 釣り
 幌加内はそばの産地。どこもそば畑でした。




 朱鞠内湖に注ぐ川です。とてもきれいですが、クルマでないと行けません。



釣りもしてみましたが、ウグイだけでした(・_・、)




ごみは持ち帰り
 湖面は各サイトからはこのような目線になります。




 お決まりの「ごみは持ち帰り」。
もうクルマの中はごみだらけです。







[Field Report]



Copyright © 2000-2006 ukku. All rights reserved.